旅には欠かせない駅弁

電車旅を行うときの楽しみの一つに駅弁があります。地域ごとに独自の趣向を凝らした駅弁を楽しむことも旅には欠かせないことなのです。特に関西に旅行に出かけた際にぜひ食べたい駅弁があります。基本的には地域ごとの名産品を使用した駅弁が人気を集めている傾向にあり、滋賀県では近江牛を使用した弁当が人気です。しっかりと味付けがされており、時間が経過して冷めていてもおいしく食べることができます。また、近年の駅弁業界の発展は目覚ましく、ひもを引っ張ることで蒸気の力で駅弁を温める技術が搭載されているお弁当も増えてきました。地域で採れた食材をその地域を訪れた旅人に食べてもらうというコンセプトで地域の活性化にも貢献しています。

定番の駅弁が人気を獲得

駅弁は歴史が長く、ロングセラーの商品であるほど人気を獲得している傾向があります。地域の駅弁を専門に取り扱っている会社もありますが、地元の老舗料亭が作り続けている駅弁などが人気を獲得しています。実際にお店で出しているようなメニューを弁当に落とし込んでいるため、時間がないときでも電車の中で本格的な料理を堪能することができるのです。駅弁は弁当箱の形に趣向が凝らされていることも特徴の一つです。オーソドックスな四角い形にとらわれることなく様々な商品の顔ともなる特徴的な形の駅弁が存在します。通過するだけの場合でも駅のホームで駅弁を食べることでその土地の雰囲気を楽しむことができるということも駅弁のポイントです。